生活と心の安定

医者

受給の為に必要な条件

うつは心の病として認知されてはいるものの、日常生活や仕事に及ぼす影響などに関しては、中々周りの理解が得られにくいカテゴリーでもあります。うつは、肉体的な障害と同じように症状のレベルが基準を満たした場合には、障害者として認定を受ける事が可能で、障害年金を受給する事も可能です。うつの症状によって仕事を休職せざるを得なかったり、退職せざるを得なくなった場合には、障害年金を受給する事が出来れば、収入を補いながら治療に専念出来ます。障害年金は、障害者認定を受ける際に国民年金に加入していた場合には障害基礎年金、厚生年金に加入していれば障害基礎年金+障害厚生年金の申請が可能となります。障害年金は仕事の収入が途絶える状況となった場合に、生活の安定させる所得補償的な目的の制度ですが、それによって得られる他の要素もあります。それは、所得が補償される事によって心の安定にも繋がり、うつの改善効果が期待出来る事や、家族の不安の軽減、就労に対する支え的要素などが挙げられます。

うつが要因で障害年金を受給する為には申請が必要になりますので、その為の準備も必要で幾つかのルールがある事は、言うまでもありません。まずは、医療機関で定期的な診察や治療、入院などの期間が1年半以上経過していると言う条件を、満たしている必要があります。もう一つは、申請の前日までの1年半期間に、国民年金や厚生年金の納付状況が基準を満たしていると言う条件を、満たしている必要があります。この二つの必要条件を満たした上で、医師の所見としてうつの症状に関する診断書を書いてもらう事になります。ここまで準備が整った段階で障害年金を受給する為の申請が可能となります。うつに限らず障害年金受給のための申請は日本年金機構に行う必要がありますが、年金手帳や本人の生年月日が明らかに出来る書類を、準備する必要があります。その他の申請に必要な書類は日本年金機構の窓口で入手し、記入及び提出が必要となります。この部分は医療機関のケアマネージャーや、社会保険労務士に依頼する事も可能です。