会社を休む場合

医者

気をつけることや注目されている理由

まじめな人ほど、うつ病になりやすいと言われていますが、実際にうつ病になってしまうと周りからはなかなかわからないものの非常に苦しい気持ちになります。例えば、心臓がどきどきして人と会話するのもつらかったりあるいは頭痛が絶え間なく襲ってくるようなこともあります。ひどい場合には、発熱で会社を休んでしまうこともあるでしょう。このようなときには、まともに仕事ができませんのでそのまま会社を休み続けるかたまに会社に行く程度で、まともに通勤することができなくなってしまう状態に陥る可能性があります。この時、障害年金をもらうことで必要最低限の生活をすることが可能になります。ただ障害年金をもらうときに気をつけるべきことは、診断書の内容です。自分の症状と診断書の内容にずれが生じているようなことがあれば、申請が通らないことも十分考えられます。医者に対して、自分の意見をいうことも重要になるでしょう。もちろんそれを聞いてくれる医者の立場も重要ですが、いずれにしても診断書と自分の症状に違いが生じないようにするべきです。

うつ病の時に障害年金をもらうならば、さまざまのことをしておくとよいでしょう。現在うつ病の障害年金が注目されている理由の一つは、従来ならばうつ病で障害年金をもらうのが困難だったことに対して、最近は比較的簡単にもらうことができるからです。もちろん簡単といっても、だれでももらうことができるわけではありません。しっかりと精査したうえで年金の受給を決めていく形になります。年金をもらう場合には、働いている最中にもらうことができないのかが問題になります。結論から言えば、働いている時でももらうことができるでしょう。例えば、完全に会社を辞めていないけども、1週間に一回程度しか行けないような場合などは年金をもらわないと生活できないことが考えられます。ただ逆に、会社を退職したり全く会社に勤務できていない状態なのに、障害年金をもらうことができないこともあります。つまり、ケースバイケースになりますので絶対と言えることはないと考えておきましょう。ただ前例から考えれば、診断書の内容がしっかりしていれば高い確率でもらうことが可能です。