生活と心の安定

医者 うつが要因で障害年金を受給する場合、所得補償以外にも心の安定や家族の不安の解消などが利用目的として挙げられます。申請には医療機関の受診状況や年金加入実績を満たした上で、必要書類を入手記入し日本年金機構へ提出しなければなりません。

詳しく見る

収入が見込めない時は

医者 初診日の年月日を特定することは、うつ病で障害年金を利用する際の重要項目なので、精神科や心療内科で最初に診察を受けた日が分からなければ請求できない仕組みです。また、請求手続きを行う際は診断書なども必要ですが、発行費用は各病院で違います。

詳しく見る

受給請求の検討をする

医者 うつ病患者は、何らかの制限のもと生活をしており、経済的な面で問題を抱えていることも多いです。障害年金の受給は、本人はもちろん家族にも恩恵をもたらします。確実な受給を目指すために専門家への相談も大切になります。

詳しく見る

会社を休む場合

医者 会社などをうつ病で休む場合には、障害年金をもらうことができます。この時、診断書とその症状が違わないように一致させておくことが重要になります。傷病手当などと異なり、働いていてももらうことができるのが人気の理由になります。

詳しく見る

金銭的な補助

悩む女性 うつ病になって日常生活を今までどおり送れなくなった場合、障害年金の申請をすれば経済的な負担が軽減します。その際自分で全ての手続きをするのは大変なので、インターネットなどで精神疾患に精通している社労士かどうかを調べて依頼します。

詳しく見る

それぞれの受給資格と特徴

悩む女性

障害基礎年金と障害厚生年金

障害年金の受給と言いますと、身体的な障害に対する物のイメージがありますが、うつなどの精神的な障害に対しても国が定める基準を満たせば受給が可能です。うつの症状が原因で受給可能な障害年金は、障害基礎年金と障害厚生年金の2種類に分けられますが、それぞれに特徴と受給の条件があります。障害基礎年金は、自営業者や専業主婦などの国民年金加入者が受給可能な障害年金の事で、障害の程度が障害等級表の1級と2級に該当する事が、条件となります。障害厚生年金は、企業に勤めている会社員で厚生年金に加入者が受給可能な障害年金の事で、障害の程度が1級と2級に該当する場合、障害基礎年金にプラスして受給出来ます。障害厚生年金は更に、障害基礎年金では受給が出来ない障害の程度が障害等級表の3級程度の場合にも、受給する事が可能となります。また厚生年金加入の場合、初診日から5年以内に障害厚生年金の受給条件より程度の軽い障害が残った際には、一時金として障害手当金の受給が可能となります。

うつの症状が原因で障害年金を受給する場合には障害の程度が国の定める基準を満たす事と、国民年金ないしは厚生年金加入以外にも必要となる条件があります。まず大前提として、初診日を含む月の前々月迄の加入期間に、年金保険料の納付状況が免除月数を合算し3分の2以上、ないしは初診日を含む月の前々月迄の1年間に滞納が無い事です。もう一つは、障害認定日を過ぎている事が障害年金の申請をする条件となっており、障害認定日は初診日から1年6月経過した日となります。障害年金は現役世代に於ける障害状態による、仕事や日常生活が困難となった場合に受給が出来る制度の為、申請出来る年齢も条件となります。その為、基本的に老齢年金を受給する65歳以上の方は請求は出来ず、障害基礎年金の場合は20歳到達前の、年金未加入世代も請求出来ません。また、うつ病のような精神的な障害の場合は、身体的な障害と違い期間の経過で症状が変化しやすい為、2年から5年ほどの期間毎に更新手続きが必要となります。